黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

閉じる

Entries

ワクチン💉セミナーin大阪

2015/02/08 11:10
昨日はワクチンメーカーと製薬メーカー共催の

ワクチンセミナー

に勉強に行って参りました(v^ー°)


セミナーの演者は小児科医会の医師の方々で、ワクチンメーカーと製薬メーカー共催ということもあり、内容は…


VPD(ワクチンで防げる病気)はワクチンで防ぐ必要性がある
という完全なワクチン推奨を前提とした上での

基礎疾患をもつ小児へのワクチン接種について
国内におけるワクチンインパクト
現場での疑問点解決

などなど

各ワクチンの接種状況や、接種による副反応・重大な副作用の症例データなども提示され、とても勉強になりました

頂いた資料




私個人的にはワクチン推奨派では無いのですが…(^^;

小児科勤務で乳児相談なども行っている上で、やはり予防接種の質問が多い。

ワクチンはどんな薬とも同じで
使うことのリスク使わないことのリスク

の両方をあわせ持っていて、それぞれの
人(子ども)にとってどちらがいいのかの判断は本当に難しい。


理想は…
自然免疫を獲得しながら、健やかに育っていってくれること


でも現実に…
感染症による重い合併症にかかり《ワクチンで防いでいればこんなことにはならなかった…》と苦しんでおられる本人、親御さんも少なくはない。


一部のワクチンを除いて、確かに効果を感じられるワクチンは増えてます。


現場で即実感したのは『ロタウイルスワクチン
※ロタウイルス感染症…激しい嘔吐・下痢・発熱などの胃腸炎を起こす感染力の非常に高いウイルス感染症。

毎年冬から春にかけて流行し、
5歳までにほとんどの乳幼児が感染するが、2歳未満の小さい子がかかると重症化しやすい

重症化しやすい…というか殆どが激しい嘔吐・下痢により脱水症などの重症になり、大きい病院に搬送・入院が常だったのが
ロタウイルスワクチンが普及してからロタの患児が極端に減ったこと、殆どが軽症ですんでる。

私の勤めるクリニックでは毎年流行の時期になると、数十人単位の受診でほとんど児が重症であったのが、前シーズンくらいから十人足らずくらい、それもほとんどが軽症になってます。


じゃあ、みんな接種すべきなのか⁉となると…


副反応・重大な副作用の問題が出てくる


ロタウイルスワクチンの重大な副反応(副作用)で腸重積というのがあり、健康に生まれたはずの小さな子どもが手術・腸切除しなければならなかった症例も出てる。


ワクチン推奨派の方々は、副反応(副作用)について、出現率は接種者全体のわずか○%だから…とほとんど心配無いような説明をされがちですが、

その○%に入ってしまった児にとっては
100%の確率な訳で…


本当にワクチン接種については悩みますね。


私の個人的な考えは
もともと、ある感染症にかかると重篤な合併症を引き起こすリスクの高い児には、その感染症に対するワクチンを接種した方が良いと思う

本来健康であれば、ワクチンでの予防より自然免疫の獲得を選ぶ方が良いと思う
(※表面上健康に見えていても、実際には隠れた体質のリスクの持っている児もいる場合もあるだろうが…)

ワクチンでの予防が必要なリスクを持ちながらワクチン接種出来ない児に対して、周りが接種しておくことでその児への感染のリスクを減らす効果が期待できる。(集団免疫)

でも、その為に我が子を副作用の危険にさらすのか⁉という懸念


うぅ~ん(>д<*)
どちらかを奨めることは難しいけど、
親御さんたちに、ワクチンのリスクとベネフィットを正しく伝え

『ワクチンを受けることを選ぶのか』

『受けないことを選ぶのか』

しっかり納得した上で選択するための情報を提供していかなきゃですね


最後に…
メーカーからの参加記念のお土産📦頂きました(o’∀`)♪


しっかりメーカーの焼き印入り( =^ω^)






[編集]

[スポンサーサイト]

関連記事

『夜尿症』つづき

2014/11/03 09:00
『夜尿症』って…の続き、『対策(治療)』についてです。
現在行われている治療法は以下の三種類。単独もしくは併用されるようです。

夜尿症の治療法
生活指導
…まずはこれ!
2~4週間行うと、2~3割くらい良くなるそう。
2~4週間行っても効果が不十分であれば他の治療法を併用することも。


規則正しい生活
…やはり基本は早寝・早起き・朝ごはん

水分の摂り方に気を付ける
…《飲水後の膀胱到達時間→2~3時間後》
※寝る2~3時間前以降に飲んだ水分は、寝る時にはまだ尿になっていない

なので、
夕食後は水分摂取を控える(コップ1杯程度までに

塩分を控える

寝る前にトイレに行く《完全排尿
…寝る前の尿は全部出ていないことも…
(眠いのですぐ終わらせようとするなど)

1回出してから、もう少し座らせておいて
《完全排尿》を

夜中、無理に起こさない
…トイレなどに行かせるため無理に起こすのは睡眠を乱すので、ホルモン分泌によくない

⑥「ほめる・起こさない・怒らない・比べない・焦らない

寒さ(冷え)対策



薬物療法
・抗利尿ホルモン薬(足りない分の抗利尿ホルモンを補充して、夜間の尿量を減らす)
『抗利尿ホルモン補充療法』…60~70%改善されるそう

・抗コリン剤(膀胱容量を増やす)

・三環系抗うつ剤



アラーム療法
…膀胱から尿を溢れさせないよう(膀胱容量増大)にする目的のもので、3ヶ月使用で60%の改善がみられるそう

下着やオムツにセンサー器具を取り付け、尿が出るとアラームで知らせる機器。

《尿が出ると起きる》を繰り返すことにより
→その時間になると、膀胱を広げる…という条件反射が頭のなかで成立する効果が期待される

※夜間数回する子も最初の1回目だけアラームで起きればよく、一晩で2回目以降の
尿からはアラームの使用は不要との事

※アラーム療法の機器は医療機関で尋ねられてもいいし、Amazonなどのネットショップでも取り扱いがあったりするようです

※安全で効果も高めの療法なのですが、機器の費用が掛かることと、アラームで親も起きてしまう為、負担になる事もあるようですが(^^;


以上が『夜尿症』の対策(治療)ですが…

私、個人的にはできる限り『薬』は使いたくないな~って思います。

『薬』は効果も高く、副作用等の心配は特に要らないとの説明を受けたのですが、
『ホルモン剤』に『抗コリン剤』『抗うつ剤』…って
私なら子供に使いたくないなあ…



前回『5歳がターニングポイント!!』と言ってたように、5歳くらいで『おねしょ』があるなら…
まずは『生活指導』の内容を行っていく。

親子共に「大変だから少しでも早くよくしたい!!」というほど切羽詰まっていなければ、小学1年くらいまでは『生活指導』で様子をみていっていいかな。

『規則正しい生活習慣』プラス『栄養&適度な運動』
これで必要なホルモン分泌も整えていくことが出来るのを期待できると思います(v^ー°)


「早くよくしたい!!」という場合は、『生活指導』を2~4週間行っても効果の無いときは『アラーム療法』を併用。

100%の人が完全に治るわけではないけど、多くはこれで改善に向いていくのでは!?と思います。

『夜尿症』でお困りの方の参考になれば幸いです♪







[編集]

[スポンサーサイト]

関連記事

『夜尿症』って

2014/11/01 10:00
仕事で1歳までの乳児相談を受けてるのですが、上のお子さんの夜尿症(おねしょ)の相談を結構受けます。
先日『夜尿症』についてセミナーを受ける機会があったので、学んだ事を紹介します(v^ー°)


夜尿症の定義
*国際的定義…5歳以上で、週2回以上が3ヶ月以上
*日本の定義…5~6歳で月数回以上

日本の定義がかなり曖昧な表現ですが、どちらも5歳がターニングポイント

それまでは『おねしょ』で生理的現象
それ以降は『夜尿症』=『疾患』
と、定義されるそうです


夜尿症(おねしょ)のある人
2歳で…50%
5歳で…20%(およそ5人に1人)
小学校低学年 …10%強
小学校中~高学年 …10%弱
(10歳で)…5%(およそ20人に1人)

成人でも0%でなく、1000~2000人単位に1人くらいはあるそう


『夜尿症』って親も大変だし、最近は小さいうちから“お泊まり行事”などがあったりしてお子さんの自尊心が傷付く場合も考えられますよね(>д<*)

年に1~2人程度ですが、小学5年生くらいで「課外合宿や修学旅行までに治したい」と受診に来られたりもします。

『夜尿があること』で宿泊行事の参加を躊躇ったり、参加自体しない場合もあるそうで、修学旅行など人生の思い出をつくる機会を失ってしまうのは辛いだろうな…って思います(*T^T)


夜尿症の原因
夜間の尿量が多い
(本来、夜間尿量は抗利尿ホルモンにより少なくなる→抗利尿ホルモンの夜間分泌不足)

膀胱容量が少ない

良い睡眠がとれない
(ライフスタイルが原因!?睡眠がホルモン分泌に影響)

心理的ストレス

膀胱や腎臓の器質的要因



夜尿症の治癒率
自然治癒…1年あたり10~15%とされる
※確かに徐々に減っていくが、このペースだと小学生時代をかけて長い期間付き合うこととなる

治療による治癒率…1年後に50%


対策(治療)すれば、より早く児自身のQOLも上がっていくことが期待できますね


…長くなったので今回はここまで(^^;
続きは次回に
『対策(治療)について』
学んだ内容と未熟ながら私の見解も含めて報告します(v^ー°)









[編集]

[スポンサーサイト]

関連記事

こどもの低体温

2014/10/22 09:00
最近こどもの低体温が増えてるそう
『低体温』と言っても、『平熱が低い』という意味でのことなのですが…

こどもの体温(とくに乳幼児)は正常値で37度くらい。
時間によって1日の中で1度程の変動はあるから、低くても36.5度くらいはあって欲しいと思います。

でも実際には36度ぎりぎりや35度台のお子さんを結構みます
昨日もインフルエンザの予防接種があり、お熱を測ってもらうと1歳で35度台のお子さんが…

普段の診察時でも36.8度ほどの体温で
「お熱が出たんです!!この子普段は35度台なので!!」
と慌てて受診に来られる親御さんもいて、こちらが戸惑ってしまう事があります(^^;


『お母さん、まずは平熱35度台というところを心配しましょう!!』


本来こどもは大人よりも体温が高くあるべきで、これは簡単に言うと脳や身体が目まぐるしい勢いで成長するためにエネルギー(熱)が必要だから。

この本来あるべき状態でないという事は、いろんな不具合が起きてくると考えられます。


体温調節が上手く出来ないのは

『自律神経』が上手く機能出来ていない事が考えられる

自律神経が上手く機能していないと

身体の不調だけでなく、心や情緒の問題にも関わってくる


集中力(落ち着き)の無い子、感情の起伏の激しい子、遊ばない子などは体温異常の子が多いそうです。


また体温が低いと…
『自律神経』の問題だけでなく
代謝の低下
内臓機能の低下
血液循環
免疫力の低下

などにより喘息やアトピーなどのアレルギーの一因にもなります。


お子さんをお持ちの方は
『お熱が高いか』だけを測るのではなく
『お熱が低くないか』も見てあげて下さいね


そして、もし平熱が低いようなら
生活環境や生活リズムを見直してみて下さい。

基本は
『早寝・早起き・朝ごはん!!』
そして
『外遊び(運動)』(v^ー°)


にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村







[編集]

[スポンサーサイト]

関連記事

☆日本外来小児科学会☆

2014/09/05 11:09
去る8月30日、31日と『第24回 日本外来小児科学会 年次集会』に参加してきました
発達障害 アレルギー 夜尿症 保護者の安全心理…などなど、
他にも沢山の勉強をしてきました


『外来』小児科学会だけあって、全国の小児科クリニックの意欲的な取り組みや活動をされてるスタッフ。

医療従事者にも関わらず、名前すら全く知らなかった病気のお子さんを持つ「保護者会」の親御さんたち。

もう~“目から鱗
とても刺激を受け『私にも何か出来ることはないのか』と強く思った二日間でした

今回学んできた事を、復習・吟味して『ゆっくり、少しずつ』になりますがお伝えしていけたらいいな♪と思ってます(v^ー°)
興味のある方!!待ってて下さいね~(ノ≧▽≦)ノ

にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村
[編集]

[スポンサーサイト]

関連記事

リンク

☆ミュータントメッセージfrom森の診療所より

☆My Wonderful Phots

☆うさの羊毛ハンドメイド

☆ひ~ちゃんの小さな宝物

☆まなみドリーム

☆ちーちゃんのエンジョイスタイル♪

☆プンとわんことラジコンと

☆dariaおばちゃんの日常

☆narcissus 水仙

★ちょっと気になる、人生プラス事

☆みどりのカーネーション

★いつも笑顔で

★ググ ポチおもしろダイエットたぬ記

★Tom's ラヂコン記

☆それ、マジで!?心と身体のCoolLife

★ロハスな食いしん坊日記

☆猫はバレーと居酒屋が好き

☆空飛ぶ さっちーの旅

★LOVE&PEACE 明るい毎日

★幸か不幸か波乱万丈

★美味しいもの・楽しい場所、共有しましょうo(^▽^)o

☆音きちオヤジの音と健康生活

☆爆弾ケーキとうりぼう~☆

★息子と犬に遊ばれる日々。

☆ちょっとうれしい話

★みかんLifeとボーダーコリー

★シンの前転ゆるラジ人生

☆人生これから!!オヤジのLIFEスタイル

☆空海の庭

☆わんこ3兄弟と私のポジティブライフ

★こよみのつれづれ日記

★わんこ3兄弟と居酒屋ひまわりの珍道中

★奈良うさぎの健康日記

☆うらうらシンフォニー

★犬好きのナチュラル-シンプルな生活を目指す日々

☆My tea time

★Mix犬ライミとサツキ

☆はちみつ醤油味

★ちびっこプードル ディーンのおうち

☆のんびりママの育児

☆けいマン 湯~遊記

★ジョニーの日記

*人生水戸黄門***(人生楽ありゃ苦もあるさ)

★河内総本家からから亭

★22歳からのHappy Life

★息抜きはやっぱ趣味でしょ!(* ̄∇ ̄*)

☆つくたん

★もで~ん(´・ω・)カピバラママのよもやま話

*filiaダイアリー

♪ナーキーのスレスレ日記

♪Sunk Novel Seared

☆シンプルライフ ライフスタイル

☆ジャックと☆リロの記

☆ちなっぴぃの雑日記

☆hareruya♡mamalog

☆開運! 勝手に本紹介

☆ぶらっとよりみちグルメ旅~☆

☆ステキな人生

☆天然生活

★長毛ハムスター『もっちの部屋』

☆トマトおばちゃんのおいしい野菜

イエロー リーフ

リンク2

タイトル

コンテンツ
カスタムCSS

プロフィール

facery
関西在住。夫と二人の娘、うさぎの茶々の4人と一匹暮らしの40代パート主婦です。

趣味:手作り、着物、ハウツー本を読むことetc.
好きなアーティスト:SID
お仕事:小児科クリニックのナース
夢:55歳になったら片田舎に広~い土地を買って、身の回りのものを手作りしながら、時間に縛られずに自然と共存するようにまったりと暮らすこと。

憧れの暮らし・・・ぜったいするよぉ~!!